義歯(入れ歯)

入れ歯の種類

保険診療内のベースがプラスチックの義歯のほか、ベースの部分が金属になっている金属床・金属のばねを利用しないノンクラスプデンチャーを使用しています。また、オーダーメイドでこれらの義歯と、歯茎との密着性に優れ、硬い物が噛めるシリコンを組み合わせたりもしています。

それぞれのメリット・デメリット

保険診療内の義歯の最大のメリットは費用が抑えられることです。ただしプラスチックがベースになるため異物感が強く、上顎などの場合はしゃべりにくい・味覚が損なわれるなどのデメリットがあります。
金属床は薄くて丈夫です。また、熱伝導率が高いので、食事の美味しさが損なわれません。異物感も少ないです。ノンクラスプデンチャーはバネがないので、目立たず、審美性が高いのが大きなメリットです。

費用(税抜)

金属床 180,000~250,000円
ノンクラスプデンチャー 60,000~150,000円
オーダーメイドで組み合わせ 60,000~400,000円
義歯
金属床 1~4歯 180,000円
5~8歯 200,000円
9歯以上 250,000円
エステティックデンチャー
(両側性、前歯からの臼歯を含むものは1.5倍)
1~3歯 60,000円
4~6歯 90,000円
7~9歯 120,000円
10~14歯 150,000円
修理 形態、修理法により異なる 10,000円~
50,000円

入れ歯作製で大切なこと

入れ歯作製で大切なこと

一人ひとりのニーズやお口の環境・噛み合わせに合わせて、ケースによって既製のトレーによる型取りではなく、個人トレーを用意しての型取りも行っています。これによって精度が高く、ひずみの少ない義歯を作製できます。このように限りなくオーダーメイドに近い形でおつくりすることが、当院の義歯のこだわりです。

お問い合わせはお気軽に

明るくアットホームなスタッフが集まった当院に、
ぜひお気軽にご来院ください。

[診療時間]9:30~11:30 / 14:00~19:30
※土曜は9:30~12:00 / 13:30~16:30 
[休診]木・日祝